Battery Monitor Widgetの解説

By | 2012年6月3日

Battery Monitor Widget (バッテリーモニターウィジェット)はAndroid端末で動く,バッテリー(電池)や稼働しているプロセスなどの情報を監視できるアプリです.

Battery Monitor Widget
3c
Google play

日本語化されていますが,表示される情報が多いので,それぞれの項目が何を示しているのかわからないところが少なからず存在します.この記事では,そのような項目の解説を行なっています.一部,得られたデータから推測して解説しているので,間違っている箇所もあるかもしれません.

計測履歴

まずは,上3行を除いて白い字で書かれた部分を解説します.

左から,計測日時電流(mA)バッテリー残量(%)電圧(mV)温度(℃)を表します.電流(mA)はマイナス(-)のときがバッテリー消費時,プラス(+)のときがバッテリー充電時となります.なお,mAもしくは,電流の数値をタッチすると単位時間あたりのバッテリー消費(%/h)に切り替えることができます.

数字とは別に,それぞれの記録の左側に緑色の縦線,黄色の縦線があるものがあります.緑色は充電していることを表し,計測間隔(この図では10分)内でどのくらい充電している時間の割合によって色が明るくなります.また,緑色はコンセントからの充電,青色はUSB充電を意味します.右側の黄色の縦線は,スクリーンがOnであったことを表します.これも緑色の縦線と同様に割合によって色が明るくなります.

次に,上3行の解説に入ります.

この3行は,計測履歴の一番古いデータから現在までの統計データを表します(厳密には異なりますが,そのことは後述).

min/max           0%/3394mV           100%/4200mV

これは,電圧の最小値と最大,およびそのときのバッテリー残量(%)を表しています.この場合は,最小値は3394mVでそのとき0%で,最大値は4200mVでそのとき100%だったという意味になります.

drains           1/117/989mA           1d8h(21%)/6d7h●

これは,バッテリー消費時の統計です.青く書かれている部分は,左から最低電流,平均電流,最大電流を表します.黄色で書かれている部分は,6d7hの期間の中でスクリーンがOnだった割合を示しています.

chagers           0/522/1035mA           3h27m(10%)/1d9h

これは,バッテリー充電時の統計です.意味は上のdrainsと同じです.

マーカー機能

先程,”この3行は,計測履歴の一番古いデータから現在までの統計データを表します”と説明しましたが,マーカー機能を使うことで,範囲を限定することができます.また,この機能によってそのときの統計データ3行を記録しておくことができます.

最新データ(つまり上に表示されている3行)をマークしておきたい場合は上の旗マークをタッチします.任意のデータをマークしたい場合は,マークしたいデータを長押ししてください.

マークした記録は上のペンマークをタッチすることで確認することができます.ここで表示されるデータはマークからマークまでの統計となります.

コメントを残す (名前などのすべての項目は任意入力です)