Cドライブ直下にあるSSUUpdater.logの正体

2013 年 10 月 24 日 | カテゴリー: ソフトウェア | タグ:

Cドライブ直下にSSUUpdater.logという正体不明のファイルがあったので調査しました.

結論から言うと,「Splashtop Streamer」に関係するログであり,ウイルスなどの心配はないと考えられます.

1.現状把握

Cドライブ直下(OSインストールドライブ)に生成されるSSUUpdater.logの中身は,毎回同じものではないものの,このようなことが書かれています.

[plain]
CPatchUpdater | CPatchUpdater start
CPatchUpdater | Waiting Time:1
CPatchUpdater | Write Reg ok
CPatchUpdater | CPatchUpdater end
[/plain]

2.調査

SSUUpdaterというファイル名から容易にSplash Software Updaterによるログだと推測できました.これはSplashtop Streamerをインストールした際に同時にインストールされるものです.

ここで,SSUUpdater.logはどういった条件で生成されるのか調査したところ,以下のファイルだとわかりました.

“C:\Windows\Temp\GUID\data\SSUPatchUpdater.exe”

注:GUIDはPCによって異なる16進数で書かれた32桁の文字列です.

このSSUPatchUpdater.exeを実行するとSSUUpdater.logが生成されます.なお,この実行ファイルはSplashtop Inc.のデジタル署名を持つファイルであり,安全なものだと噛んがられます.

3.考察

以上のことから,SSUUpdater.logSSUPatchUpdater.exeによって生成されるファイルであることがわかりました.

ログファイルを生成されないようにするには,おそらくSplash Software Updaterをアンインストール,もしくは,サービスを停止することでできると思われますが,基本的には放置で問題ないでしょう.

コメントはまだありません。