ブルースクリーン(BSOD) メモリが原因?

投稿者: | 2010年6月7日

ブルースクリーンというのは前触れも無くパソコンの画面が真っ青になり電源がきれるという非常に厄介なものです。以前、ntkrnlpa.exeが原因でブルースクリーンが連発したときは、Windows側からの対処が可能でしたが、ブルースクリーンの原因としてはメモリの故障というのも大いに考えられます。今回はメモリの故障に焦点をおいて、故障しているのかどうか調べる方法を紹介します。

Memtest86+

このソフトウェアはメモリを詳細にチェックすることが出来ます。エラーが出た場合はメモリの故障が考えられます。

USBメモリを使用する場合

注意点

  1. USBメモリの中身は消去されますので、新しいUSBメモリを使うか、USBメモリ内のデータをPC上にバックアップしてから行ってください。
  2. BIOSがUSBメモリからの起動に対応している必要があります。BIOS設定のBoot orderにUSB-HDDのような項目があれば可能。

USBメモリからの起動については別の記事に詳しく書きましたので御覧下さい。

Memtest86+が正式にUSBメモリ起動(ブート)に対応

ここまでで準備は完了です。BIOS設定でUSB-HDDを上位にすることでMemtest86+が起動します。起動したら、そのまま待つだけです。もし、赤い字でErrorと出てくるようなら故障の可能性があります。Memtest86+について詳しくはこちらのサイトをご覧下さい。また、なにか不明な点がありましたら、コメント欄にて出来る限り対応いたします。

ブルースクリーン(BSOD) メモリが原因?」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 餅と輪 » ブルースクリーン(BSOD)連発 ntkrnlpa.exeが原因か

コメントを残す (名前などのすべての項目は任意入力です)